マンション売却TOP | マンション売却の流れ | 自宅の相場価格を知る方法 | 無料査定サービス比較 | 抵当権が付いている場合は? | 当サイトについて |

不動産の価格とは何か?


不動産は、ひとつとして同じものはなく、価格をつけるのが難しいといわれています。

不動産業者は、プロとしての情報と経験からある程度の価格を導きだすのですが、プロでさえ、完璧とはいいきれない場合があるといいます。

不動産の価格を導き出す方法には3つの方法があります。

原価法
収益還元法
取引事例比較法

です。


それぞれの評価方法

まず、原価法はこの建物を建てたらいくらになるか?という建築時に使う評価の仕方です。
土地代+建物代という計算方法です。このままだと新築の場合の価格になるので、この土地代+建物から建物が建ってからの年数で劣化した建物の価値を引いて算出する方法です。


次に、収益還元法
これは、今注目されている不動産投資の際に使われる評価の方法です。
その不動産の利回りに注目して不動産を評価する方法です。
その不動産を手に入れて貸した場合、どのくらいの利益が出るか?利回りになるか?ということを考えて評価されます。


最後に取引事例比較法

これは、不動産業者が使っている方法です。
物件が同じ地域の同じような物件の取引の事例と比較して決める方法です。
あの地域の同じような物件はいくらで売れたから、これはいくらくらいが妥当な価格だろうという評価の仕方です。


中古マンションの価格は最終的にお客さんで決まる

今あげた3つの方法のうち、中古マンションを売る場合に、主に使われている方法は取引事例比較法です。

不動産業者に売却を依頼した場合、不動産会社は、その周辺の成約事例などの情報やプロの経験から査定価格を出します。

相場価格で売りに出さないとお客さんに興味を持ってもらえないので、適性価格で値付けをすることは大切です。

ただ最終的に価格は、買い手であるお客さんとの需給のバランスにかかっています。

最後には購入者がいくらの金額で買いたいと思うか?ということがポイントになってくるため、集めた情報や業者のいう相場価格を参考にしながら、その辺りの価格の調整をしていくことになります。

高く売りたいなら、すこしでもお客さんに欲しいと思ってもらうように努力していく必要があるのです。