マンション売却TOP | マンション売却の流れ | 自宅の相場価格を知る方法 | 無料査定サービス比較 | 抵当権が付いている場合は? | 当サイトについて |

知っておきたい売却マンションの登記簿の見方

スポンサードリンク


売却マンションの権利関係は登記事項証明書でわかる

当然のことながら、マンションを売却することは、そのマンションに権利を持っている人しか出来ません。
不動産の取引というのは、大きな売買になりますから、その不動産の権利関係というのはとても重要になってくるのです。

その不動産の所有者は誰か、その不動産に抵当権や地上権などの権利が付いているかということは、「登記事項証明書」を見れば確認することができます。

※「登記事項証明書」とは、従来は「登記簿」と呼ばれ、紙に記録されていたものが、登記所のオンライン化に伴い、登記情報が磁気ディスクに記録されるようになったものです。現在は、ほとんどの登記所で登記簿謄本の代わりにコンピュータ庁で登記事項証明書が使用されています。

登記事項証明書の甲区の欄には、所有者が誰かということ。乙区には、所有権以外の権利について記録してあります。乙区に抵当権が付いているかどうかということは一つのポイントになります。

抵当権とは何か?

抵当権とは、民法が定めた担保物権のひとつです。
マンションを購入する場合、通常は金融機関からローンを借りて購入する場合が圧倒的に多いでしょう。

資金を貸した金融機関は同時に債務者(マンションを買った人)の購入したマンションに担保として抵当権を設定するのです。

こうしておくことで、万が一、債務者がお金を返せなくなってしまった場合は、抵当権が実行されて、その代金から、金融機関は優先的にお金を回収することができるというものです。

そのため、買ったマンションには、ローンを借り入れた金融機関が権利を持つ「抵当権」が付けられることになります。
そして、その物件の登記記録の乙区に、そのことが記録されます。



マンション(区分所有建物)登記簿の見方

登記事項証明書(登記簿)は、表題部、甲区、乙区という3つの部分に分かれています。

表題部とは、どこにあるどのような不動産か?など不動産の状況、面積などが記載されている部分です。

甲区には、所有権に関する権利が記載されています。

つまり、この不動産の所有者は誰か?など所有権に関する記録がされている部分です。ですから、マンションの所有者が知りたい場合はこの部分を見る必要があります。


乙区は、その不動産の所有権以外の権利について記載してある部分です。
その不動産に抵当権や質権などが付いているかどうかはこの部分を見ればわかります。


また、マンションの登記簿で、特徴的なところは、「敷地権の表示」です。

通常一戸建ての建物の場合は、土地と建物の登記記録は別々になっています。

ところが、マンションは、「建物(専有部分)と土地(敷地)」を一体化処分しなければならないという決まりがあります。

そのため、建物の登記記録の方に、「敷地権」として、土地の権利の変動も一緒に記録できるようになっているのです。

ですから、マンションの土地の権利については、「敷地権」の表示で表されていることになります。