マンション売却TOP | マンション売却の流れ | 自宅の相場価格を知る方法 | 無料査定サービス比較 | 抵当権が付いている場合は? | 当サイトについて |

マンション売却の流れ

スポンサードリンク

マンションを売却しようと考えた場合は、まず、売却がどんな手順で進んでいくのか知る必要があります。

以下は大まかな売却の流れです。


1.自分のマンションの相場価格を把握する

不動産会社に査定を頼む前に、できれば自分でも売るマンションの相場価格を掴んでおくことが望ましいです。同じ地域の同じような物件の他の取引はどのくらいで取引されているか調べておきましょう。

1.売却を仲介してもらう不動産会社を決める

マンションの売却は、通常不動産会社に依頼して行います。
売却を任せる不動産会社を決める前に、まずは無料査定を受けてみようということはお話しました。
→ 無料査定を受けてみよう
無料査定や情報収集などで得た情報を元に、どの不動産会社に依頼するか決定します。


2.査定依頼

マンションの売却は、通常不動産会社に依頼して行います。
自分で相場価格がある程度つかめたら、まずは不動産会社に無料査定を依頼しましょう。

→ 無料査定を受けてみよう
無料査定や情報収集などで得た情報を元に、どの不動産会社に依頼するか決定しても良いでしょう。


3.不動産会社に媒介を依頼し、媒介契約を結ぶ

「媒介契約」とは、不動産の売買時に仲介をしてもらうという契約で、この場合は、マンションを売りたい依頼者と仲介不動産業者で結ばれる契約のことです。

つまり、「あなたの会社に売買の仲介を依頼します」「わかりました仲介します」という契約のことなのです。

媒介手数料は、すべて成功報酬制になっていますので、不動産会社は契約を成立させなければ、報酬をもらうことはできません。

媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの種類があります。
この契約の種類については、こちらで述べます。

→ 契約の種類


4.不動産会社が購入者を探す活動をする

レインズといわれる不動産情報検索システムに物件を登録したり、インターネットやチラシで広告を出し、宣伝します。
広告の結果、見学などを経て、購入する意思を持ったお客さんが現われれば、次の段階へ進みます。

5.買い付け証明の受付

購入したいというお客さんが現われたら、買主となるそのお客さんから購入条件を明記した買付けの申込書(購入申込書)を受け取ります。


6.手付けの交付

売主が条件や金額を確認し、手付金を受領します。その後正式に契約の段階に進みます。


7.契約

売主と買主と売買条件が一致し合意に達したら、売却の意思表示をして売買契約書を交わします。


8.決済と引渡し・登記移転

売買代金や固定資産税等の決済をして、引渡します。また、移転登記も行います。ローンの残債がある場合は、抵当権抹消などの手続きもあります。このあたりは、個々のケースで違ってきますので、不動産会社などに確認し、続きを取りましょう。


以上が大まかなマンション売却の手続きの流れになります。

マンションは売主、買主双方にとって大きな売買取引ですから、実際は、この流れのようにスムーズに進まないようなことも出て来るかもしれません。また、ケースによって、この流れは異なってきますので、不動産業者によく確認しておきましょう。

売主としての当事者意識を持ち、信頼できる不動産業者との連携をとりながら取引を行うことが大切です。