マンション売却TOP | マンション売却の流れ | 自宅の相場価格を知る方法 | 無料査定サービス比較 | 抵当権が付いている場合は? | 当サイトについて |

不動産会社の販売活動とは?

スポンサードリンク


不動産会社に売却を依頼して、媒介契約を結んだ後、不動産会社の販売宣伝活動が始まります。

業者にしっかり宣伝活動してほしい!という人は、媒介契約を締結する前に、業者に対して

を聞いておくのも良いでしょう。

不動産会社の宣伝活動にはどんなものがあるのか主なものを挙げていきます。


レインズに登録

不動産の媒介契約が専任契約の場合は業者はレインズに登録する義務があります。
レインズとは全国の不動産業者が見ることのできる物件情報交換のための情報システムのことです。
一般媒介契約の場合には、レインズへの登録は義務ではありませんが、頼めばしてくれるようです。


販売の図面を作る

販売図面とは、不動産業者が物件を紹介するために作る図面のことです。これは広告などで見たことがある人も多いでしょう。
販売図面などを作成することで、お客さんにわかりやすくしっかり情報を伝えることができます。最近では販売図面を工夫して出す業者も出てきています。


住宅情報誌などへの掲載やチラシ・広告活動

家を購入したいと考える人が見る広告媒体への掲載、住宅情報誌へ掲載したり、チラシを配ったりなど広告活動をします。

その他自社独自の宣伝媒体がある場合は、その媒体への掲載などが行われます。
最近は各不動産会社は、自社のホームページやその他住宅ポータルサイトなどへも掲載してインターネットからの集客にも力を入れています。


オープンハウス

オープンハウスとは、売る物件を購入希望者に見学してもらうことをいいます。
新築でいうモデルルームをみせるといったイメージです。
中古住宅を売りに出した場合、大体の業者はオープンハウスを行います。
購入希望の見込み客を呼び、その住宅の良いところをアピールできるチャンスなので、とても効果があります。


このように、不動産会社の販売活動は、いろいろなものがあります。
ただ、マンションを売却する依頼主も「不動産会社がやっているから」と任せきりではいけません。

きちんと販売活動してくれているのかを見る姿勢と業者と一緒に販売活動していく姿勢が大切です。