マンション売却TOP | マンション売却の流れ | 自宅の相場価格を知る方法 | 無料査定サービス比較 | 抵当権が付いている場合は? | 当サイトについて |

不動産が売れない理由

スポンサードリンク


あなたの不動産はなぜ売れないのか?

マンションや不動産を売りに出してみたけれど、お客さんが来ない・・

見に来る人はいるけど、なかなか購入してくれない・・

不動産の売却では、こういったこともあるでしょう。

不動産が売れないというのにはいくつか理由が考えられます。


値段が高すぎる

不動産の価格は最終的にはお客さんが決めるものなので、値段が高くても買ってくれる人がいれば問題はありません。
ただ、普通は相場よりも高い金額で購入しようという人はほとんどいません。
売却の価格が周辺の相場よりもかなり高ければ、候補の段階ではずされてしまう可能性が高くなります。

最終的に、買い手と価格交渉するときのために相場より若干高めに売りにだすというケースもあります。ただ、相場からあまりにも離れた価格で売りに出すとなかなか売れないということがあるので注意しましょう。



好ましくない条件がある

欲しい住宅の条件には、人それぞれ様々なものがあります。
物件の特徴や周りの施設、環境などいろんな面があるので、そのどれかが購入者の希望に沿わないこともあります。
近くに好ましくない建物があったり、物件の一部に何かの欠陥があったりするとなかなか売れないということも起こり得るでしょう。

また、好ましくない条件がなくても、マンションがとても個性的なものだったり、一般の人には大きすぎる、高すぎるなど標準的な物件ではない場合も売れづらい傾向があります。

好ましくない条件が何かある場合は買い手と価格で交渉するなどして売却する場合があります。


売り方が良くない

不動産を売却する場合、売り方というものがあります。
基本的に、購入してもらうために、いろいろな販売活動をします。
宣伝活動が不十分だったり、売り物件をきれいにする努力をしないなど、不適切な販売活動をすれば、お客さんの購入意欲をそぐ結果になります。

お客さんに「欲しい」と思ってもらえるように最低限のことはきちんとしておきましょう。