マンション売却TOP | マンション売却の流れ | 自宅の相場価格を知る方法 | 無料査定サービス比較 | 抵当権が付いている場合は? | 当サイトについて |

高く早く売る売却のポイント

スポンサードリンク


マンションを少しでも高く売りたい、早く売却したい

というのが売主側の希望としてあると思います。

反対に買主は少しでも安く買いたい、しっかり検討して損したくないという思いがあるのです。

不動産の売買はお互いの意思が合致しなければなりませんし、その上資金計画やローン、その他の個人の事情が絡んでくる複雑なものですから、思い通りに進まないことも多いのです。


少しでも早く、良い条件で成約するために売主としてできることはしておきたいものですね。

では、どうすれば少しでも高く、又は早く売却できるものなのでしょうか?

ポイントは、信頼できる担当者と売却を進めること、購入者の視点に立つということです。

もし、自分が中古マンションを購入するとしたら、どんなマンションを購入したいか?

ということを考えてみる必要があります。

以下に売主として、売却時にしておくべきこと、注意点などを挙げていきます。



売却マンションはをきれいな状態にしておく

これは当然のことですが、とても大切なことです。

中古物件を購入する場合でも、買い手にとっては新しい家を買うということに変わりはありません。

自分が新しく家を買うときにどんな気分でその家を見に行くでしょうか?

これから、その家で始める「新しい生活」「快適な生活」を送る自分や家族の姿を思い浮かべながら見るのです。

「モデルルームを見に行く」のと同じ感覚です。

あなたがモデルルームを見に行くときはどんな家ならうれしいですか?

どんな家だったら新しい生活をわくわくしながらイメージできるでしょうか?

細かいところが汚れていたり、大切に住んでいない感じがすれば、そのイメージはしぼんでしまいます。

窓や収納部分など細かいところまできれいにしておきましょう。また、リビングは生活空間の中で特に重要ですから、気を配る必要があります。

相場価格は大体決まっていますから、きれいに清掃したからといってそのマンションが相場以上の高い価格で売れるわけではありません。

ですが、買主に良いイメージを持ってもらい、「どうしてもこの家が欲しい」と思ってもらうことは非常に大切です。

そう思ってもらうことができれば、価格交渉もしやすいですし、早い売却につながります。

清掃するだけでなく、購入希望者が、新生活をイメージしやすいように、売却物件から引越し、住んでいない状態にするという方もいます。それも一つの手段でしょう。

買い手の視点に立ち、取引がスムーズに進むように売り手側も努力が必要なのです。

不動産会社との連携が売却を早める

マンションを早く売るためには、良い不動産会社との連携が欠かせません。

不動産会社を選ぶ場合は、情報を出してくれる会社を選ぶのが良いでしょう。

通常依頼された物件の情報はレインズというネットワークで他の不動産会社と共有することになっています。

そのため、自社が依頼された物件の買主を他の不動産会社が探して来てくれる場合もあるのです。

ですが、不動産会社の中には他の会社に情報を出さない会社や広告を出させない会社もあるようですので注意が必要です。

もし、不動産会社に依頼しても長期間成約しない、積極的な対応が見られないなどの場合は、契約を一般に切り替えて、複数の会社に依頼するという手もあります。

売主側にもきちんと情報を提供して、購入者を積極的に探してくれる担当者を選びたいものです。


不動産の相場価格は、基本的に近隣の取引相場によってほとんど決まってしまうものです。

不動産会社と相談の上、適切な相場価格で売り出すようにしましょう。

買い手はほとんどの場合、価格交渉を行ってくると思ったほうが良いですが、複数の人に魅力を感じてもらうことができれば、価格交渉の面でも有利になります。