マンション売却TOP | マンション売却の流れ | 自宅の相場価格を知る方法 | 無料査定サービス比較 | 抵当権が付いている場合は? | 当サイトについて |

マンションは売るか貸すか?売却VS賃貸

スポンサードリンク


マンションを売却するか、賃貸に出すかは迷っている方も多いですね。

賃貸に出すのが良いか、売却に出す方が良いかというのは、物件の状況、売却物件にローンが残っているかなど、それぞれの個人のケースによって変わってきてしまうので、一概にはどちらといえませんが、売却、賃貸それぞれにはメリットとデメリットがあります。


賃貸に出すメリット・デメリット

賃貸の1番のメリットは、賃料が入ってくるという点です。これでローン返済がある場合はローンがカバーでき、うまくいけば利益が出る可能性もありますし、ローン完済後は、家賃が定期的に入ってくることになります。

賃貸に出した場合、どのくらいの賃料が入ってくるかは、住宅情報誌やインターネット上から、近隣の家賃の相場を調べれば分かります。同じような条件の物件を探して参考にしましょう。

デメリットは、経費がかかるということです。貸主には貸す物件を賃貸人が使用できる状態にしておく義務があります。ですから、建物の修繕や管理、リフォームなどの経費が必要になってきます。
また、ローン返済額によっては、賃料でカバーできず、月々マイナスの収支になってしまうことも考えられますから、そのあたりも検討が必要です。


また、空室になるリスクもあります。入居者の入れ替わりなどもあり年間を通して入居率100%ということはまずありませんので、何割かは、空室になることを見越して検討する必要があります。

賃貸に出すということは、賃貸業をするということです。不動産会社に管理を任せるとしても、それなりの心構えもいりますし、安定した収益を出すためにはある程度の努力が必要になります。

不動産オーナーとして賃貸に関して学べるという点ではメリットもありますが、忙しい方や煩わされたくないという方にはデメリットでしょう。

賃貸に出す物件の築年数、ローンの残りの期間とその間の空室リスク、経費など様々な角度から検討し決定されることをおすすめします。

売却するメリット・デメリット

売却する場合は、物件を維持する費用もかからなくなり、ローンがある場合は、ローンを完済するなどして身軽になれるというメリットがあります。ローンがなければ、売却代金としてまとまった資金ができますから、次の住宅の購入資金や運用資金に充てることができるでしょう。

デメリットとしては、売却代金で残っているローンが完済出来なかった場合、自己資金を使ってローンを完済しなければならず、損が出てしまうということです。
ただ、売却時に損失が出た場合は、一定の条件を満せば、給与所得などからその損失額を控除することができます。


売却するか、賃貸に出すかということは、個々の物件の立地や状態、ローンの有無、事情などによって違いますから、それぞれ、シュミレーションした上で検討しましょう。