マンション売却TOP | マンション売却の流れ | 自宅の相場価格を知る方法 | 無料査定サービス比較 | 抵当権が付いている場合は? | 当サイトについて |

買い替え時の売却手続きとプラン

スポンサードリンク


住み替えのプランを立てよう

住み替え時に一番大切なのは資金の計画です。

この資金計画を立てるには、まず、今住んでいるマンションがいくらぐらいの価値があるのか?を知る必要があります。不動産会社に無料査定をしてもらえば、いくらで売れるかという相場価格を出してもらえます。まずは、何社かに査定をお願いして相場の価格を把握しておきましょう。

→ 無料査定をしてみよう

相場の大体の価格がつかめたら、新しい住居にどれくらいの資金を使えるのか大まかな計画を立ててみましょう。

ローンが残っている場合、売却価格でローンが完済できるか?差額が出そうか?手持ち資金がいくらあるか?新しくローンを組む場合はいくらぐらいの返済が可能か?

など、家族で話し合い、ライフプランに応じて計画を立てていきましょう。

この時の注意点は資金に余裕を持たせておくということです。

査定価格はあくまで査定であって、そのままの金額で売れるとは限りません。
売却には、ある程度の費用も時間もかかりますのでそのあたりのことも考えて計画を立てるようにしましょう。

また、不動産会社では住み替えのプランを用意している会社もありますし、売却と購入を同じ不動産会社に任せる方法もあります。無料査定の際に一度相談されても良いでしょう。


売却と購入の順序は?


住み替えの際の今の住居の売却と新しい家の購入はどちらを先にすれば良いのでしょうか?

住み替えの場合、人それぞれ事情が違うのでどちらが良いとは一概に言えない部分もあるのですが、それぞれのメリット、デメリットを踏まえて計画を立てましょう。

まず、購入を先にした場合、まだ自宅を売却していない状態ですから、仮住まいなども必要なく、自宅に住み続けながら購入手続きができるというメリットがあります。

ただ、この場合は、売却をしていないので、売却した代金がいくらになるか確定していない状態なのです。

売却代金を全く当てにしていない、資金に余裕がある方はそれでよいですが、売却資金を家の購入資金に後で充てようという考えがある場合はある程度のリスクを負うことになります。

例えば、新しい家を購入して一時的にローンを組み、その後元のマンションを売却した金額で完済しようと考えていたが、マンションが思ったような価格で売れなかったということも考えられます。


マンションを売却するのに思ったより時間がかかったというケースもありますので、余裕を持った住み替えを心がけることが大切です。


では、売却を先にした場合はどうでしょうか?


売却を先にした場合は、売却の代金がいくらかということが確定しているので、購入資金の計画がしっかり立てられるというメリットがあります。

売却代金を新しい家の購入費に充てて、残りを自己資金やローンでというケースが考えられますね。

ただ、この場合は、自宅を売却してしまっているので、新しい家の購入手続きと入居が済む間は仮住まいで生活しなければならなくなるでしょう。


買い替えは自分のケースに応じて、適切なプランをたてることが大切です。迷った場合は専門家に相談してみましょう。

ただ、注意したいのは売却する物件の住宅ローンが残っている場合です。
この場合は、ローンの返済をどうするか?という問題が出てきます。

→ 残りのローン・残債はどうする?